交通事故の怪我は治らない?:交通事故相談者様の声



交通事故に遭われた方が、よく思い込みで

「交通事故のむち打ちは治らない、治り辛い」

「後遺症として痛みが残る」

と言われます。

なぜ、そのような事が多いかというと、多くの方は、「治らない治療」を受けているからです。

交通事故でケガをされた相談者様より、こんな声をいただきました。

45才 男性

交通事故に遭った時は、怪我は治らないと思いましたが、熱心に治療してくださったおかげで怪我が完治しました。

とても感謝しています。

今後も、何かあったときはまた治療をお願いしたいです。

交通事故専門士より

交通事故の怪我の状態が良くなっていても、怪我のため固定などで、体を動かさず放置していた状態が長く、また、痛いから動かしてはいけないと誤った認識をし、2次的に筋肉が硬くなり、痛みが出ている方が殆どです。『2次痛』

『2次痛』が残存する限り、完全には良くなりません。

また、『2次痛』が起因となり、怪我の部分とは関係の無い関節や組織の痛みを誘発します。

私たちは治療を行っていくなかで、下記の「負のスパイラル」からの脱却を常に指導しています。

痛い→動かしてはいけないと思いこみ動かさないでいると

→体が硬くなり筋肉も落ちてしまった

→さらに痛い→さらに動かさない

→さらに体が固まり筋肉も落ちる

→またさらに痛い

痛みを自分自身で作っている方が大半です。

皆さんも「治る治療」を選択し、受けて下さい。

ジコサポでは、「完全オーダーメイド」で症状に合わせて治療を行います。

あなたの体の症状にあった治療法が必ずあります。

痛みに悩まず、先ずは御来院、ご相談下さい。

事故に遭ったらジコサポ【 安心無料相談 】

お電話でのご相談は

フリーダイヤル:0120-30-7173(無い悩み)

#ジコサポ #むち打ち #治療 #交通事故

27回の閲覧